家康不動産 お問い合わせは044-299-9339

家康不動産で投資を始めませんか?

→ 不動産投資事業部 理念

弊社は一般住宅からリフォーム・投資物件の買取販売又仲介と幅広く取り組む会社を目指しております。その中でも、不動産投資事業に関しては近年特に力を入れており、仲介に関しましては少しでもお客様の収益性に結びつき、且つリスクを最小限に抑えられ、購入して良かったと喜んで頂けるよう、お客様の目的と個性に合わせた最適な物件をご紹介させていただいております。

“お客様の喜びが私ども家康不動産の喜び”

として、日々励んでおります。
お客様一人一人、又法人様のニーズにもご満足頂き、10年後・20年後のお客様のライフプランのお役に立つことを目指して、スタッフ一同努力しておりますので資産相談からローンのご相談まで、お気軽にご相談くださるよう心よりお待ちしております。
昨今社会情勢厳しき折からローン審査も大変厳しくなってきています。ローンの難しい方でも当社独自の提携銀行でのご融資を一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。また、賃貸不動産経営管理士の有資格者もおり、オーナー様の資産価値の保全と収益最大化のご提案も可能です。
どんな事でも誠心誠意努めさせていただきますので、お問い合わせ頂ければ幸いです。

不動産投資事業部理念

→ 不動産投資とは

不動産投資とは利益目的で不動産に資金投下することを言います。購入した不動産を人に貸すことで得られる賃料収入(インカムゲイン)と、その不動産を購入した金額以上で売却することで得られる利益(キャピタルゲイン)という、2種類の利益に期待して行う投資です。
少子高齢化社会への移行が進み、年金制度や定年後の生活等将来への不安がつのるなかで、近年主流になっているのは、毎月安定して入ってくるつまり運用利益(インカムゲイン)を期待し、長期的な視点から行われる不動産投資です。
※ 外観や内装のリフォームなどを行う事により、空室率の減少や賃料増加などのインカムゲインの向上、そして、 インカムゲインの向上や外観の綺麗さや建物のメンテナンスなどによる売却価格の増加でのキャピタルゲインの向上なども利益として期待出来ます。

→ 投資に対する利益は

不動産投資においても他への投資と同様に、期待される利益は不確実であります。多くの賃料収入を得ることができたり、不動産の価値が上昇し、売却することにより値上がり益を得られる場合もあれば、反対に期待するような賃料収入が得られなかったり、不動産の価値が下落して損失を被ったりすることもあります。つまり不動産投資においても様々な“リスク”が伴うのです。

→ ミドルリスク・ミドルリターン

投資には様々なリスクが伴いますが、勿論投資が成功した場合の利益(リターン)もあるわけです。一般的にはリスクとリターンはある程度比例すると言われています。
不動産は賃料の下落や空室、滞納などにより予定していた収入が得られない場合や老朽化や損壊等により不動産の価格が下落してしまうなどの危険性を伴っていますが、基本的には土地がある限りその価値がゼロになることは無いとも言えます。このようなことから不動産投資は“ミドルリスク・ミドルリターン”の投資商品と言えます。
※弊社は、建設業の許可を取得した工務店でもあるため老朽化や損壊等の修理・修繕やリフォームなどのご相談にも対応する事が可能です。(購入時に外壁の塗り替えなどもお見積もり致します。)

→ 不動産投資の利回り

不動産投資における利回りとは「投資金額に対する年間の収入の割合」のことをいいます。
不動産は投資する際に本体価格のほかに様々な諸経費が発生します。また購入後にも様々な費用が発生しますので表示利回りと実際に手元に残る金額の利回りとは異なってきます。
不動産の利回りには投資金額に対する年間収入の割合を示した表面的な利回りと、諸経費も含めた実際の投資金額に対して年間の収入から諸経費を差し引いた実際の収入の割合を示す実質の利回りの、大きく分けて2つ存在することになります。
表面利回り(%)=年間収入 ÷ 不動産価格 × 100
実質利回り(%)=(年間収入-諸経費) ÷ (不動産価格+諸経費) × 100
※ 弊社には、顧問 税理士がおり不動産に関わる税務相談は弊社顧客に限り無料相談となっております。 相続などでの不動産取得後の売却や買い替えなどの売却相談や税務上のご相談も可能です。

お問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせは:044-299-9339